僕は岩手県岩手郡雫石町に移住して生きてる。

田舎の暮らし方をブログで発信!

*

ボランティアのせいで仏間も神棚もお祈り出来ない!!と言われない為に。

   

LINEで送る
Pocket

雫石町の地域の防災力パワーアップ講座(水害編)を受講!!

img_6177

どうもヒラサワです。
今回は雫石町の地域の防災力パワーアップ講座に参加してきました。

いや、本当こうゆう貴重な機会は活かしたい。
本当楽しみにしてたよね。

といいつつ、前日まで連絡忘れてた悪人は僕です。
社協の素敵なおねぇさん、アヤカさんのおかげで今回も無事に参加できました。

感謝の意しかありません。
ありがとうございます!!

テーマは『水害時の復旧方法』

講師は小林直樹さん、桑原誠さんのお二方。
ともに復興支援活動に関わるスペシャリストです。

一般人の僕にはなんとも興味深い内容。
みんなも岩手県は岩泉町が台風10号の被害でニュースでもよく聞いた言葉があったと思う。

アレですよ、よく『床下浸水が~』とか『床上浸水が~』ってフレーズが頭に浮かんでくる。
ん、ん?
これって下とか上とか文字の違いがあるってことは、もちろん内容も違うよね?

そこら辺の知識はOK?
ちょっと再確認しようしよう。

宮城県の危機対策課さんから抜粋すると・・・

・「床上浸水」とは,住家の床より上に浸水したもの及び全壊・半壊には該当しないが,土砂竹木の堆積により一時的に居住することができないものとする。
・「床下浸水」とは,床上浸水に至らない程度に浸水したものとする

なるほど~。
わかったわかった。

で、今回はその中でも『泥のかき出し』に注目。

『床下だったら、別にほっておいてもイイんじゃね?、水でしょ?、雨水でしょ?』って思った?
駄目駄目、必要な作業なんだよ。

『泥のかき出し』はなんでするかっていうと、家を守る&人を守る為にする。
水害で流れ込んできた水、下水を含む汚い水。

その水には細菌がたくさん入っていて、そのまま乾燥させても汚物や細菌は残るんだよね。
柱が腐ったり、人体にも不衛生なことで体調を崩したり。

だから、汚い水をかき出したら下に溜まっていた泥やヘドロを徹底的にかき出す!!
ということなワケ。

匂いもヘドロともなればかなりだし。
そんなところに住むのは厳しいでしょ?

ちなみにこの『匂い』で住めなくて『全壊判定』される住居もあるとか。
知らなかったな~。

なので泥をかき出した後、汚れてるところを壁も含めて泥をこすり落としながら洗う。
泥を取り除いたら、再度たまった水をかき出し~を繰り返し。

復旧方法としては床板を外す→泥のかき出し→綺麗にする→乾燥させる→床板戻す→除菌・防腐剤する~のような流れでした。

流れを一文書いただけでも後で自分が思い出す忘備録みたいになってる。
床の外し方とかやったことないけど画付きでわかりやすかったな~。

技術も大切だけど、人を思うことはもっと大切!!

講義の内容は今回は詳しく書かないけれど、何よりも何よりも心構えを皆さんに知ってほしい。
一般人の僕が話を聞いて、これだけは伝えたいってことがあった。

これは、技術的なお話でなく、『感情的』なところなんだけどね、みんなもボランティアで床板を外すときは出来るだけ床板を剝がした後のことを考えてほしい。

これね、僕、衝撃的な話だったんだよ。

仏間の部屋が床下浸水してさ、泥のかき出しをする為に床を外したんだって。
で、で、その外した床を『適当に剥いで捨てた』ということがあったとか。

泥をかき出したはいいけど、その後は床板を元に戻すのに数か月、いろんな事情があって貼れなくて。
スッカスカの部屋で、仏間で座ることも出来ない状態だったと。

想像してみて?
う~ん、切ない。

泥のかき出し、大事だし、それ自体はイイことだと思うけど。
かき出すのがメインでその後のことを考えないのは、もう少し配慮あっていいと思う。

せめて、一部だけでも何枚かだけでも床を戻しておけたらそういう事態にならなかったよね。
もちろん、全部が全部のボランティアでなく、一部なんだけど自分がするときは気をつけたい・・・

ん~、ちょっと暗めの話になっちゃったけど、大切なことだと思ったので。

僕も含め、ボランティアで泥のかき出しをするときは気を付けましょう!!

講義は午前中から夕方までだったのだけれど、この後お二人は岩泉へ!
貴重なお時間大変ありがとうございました!!

img_6198-1

  関連記事

第53話 外国じゃ毒キノコらしい『マスタケ』を食べてみた。

マスタケ・ヌケオチ・エゾハリタケ 『鶏肉みたいなキノコだなぁ。』 どうも、ヒラサ …

腹這いになるとどんどん後ろに進む息子。

動けなくなると助けて~! っとなる息子。 しかも後ろ向きとな。 こうして日記をつ …

第3話 赤い宝石、ミニトマトを朝に収穫したよ

朝起きて、ミニトマトを畑に取りに行きます。 結婚前は、自分でこうやって摘み取るな …

第14話 迎え灯篭を作った。祖母の魂が迷わないように遠くからも見えるように。

お盆が近い。 初盆が来る。 昨年、祖母が亡くなったので迎え灯籠を作った。 とても …

第41話 雫石町の芸術家、新里陽一さんの個展「僕の、ラスト ストーリー。」に行ってきた!!

新里陽一さんに出会った!!あのね、すっごい面白いお爺ちゃんだった!! 先日のこと …

他のビニールハウスの修繕をする

最近ビニールハウスの修繕しかしてない気がする。 というか、そうなんだけれども。 …

たった32文字の呟きで70歳のおじいさんが笑顔になった話。

たった32文字の呟きが70歳のおじいさんを笑顔にしたお話を今回ご紹介します。 き …

山菜採り 2017年5月編②( しどけ、こしあぶら、ぜんまい)

どうもヒラサワです。 そう、今回も山菜採り行きますよ~。 前回はコチラ! 山菜採 …

第36話 激安な道の駅「あねっこ」に隣接してる橋場温泉は雫石町民でなくても行っておくべき!!

温泉好きな貴方にも朗報、雫石町には激安な温泉がありますよ!! 橋場温泉は道の駅あ …

雫石町でリノベーション、小さな小さな地域の拠点「OCHABA(おちゃば)」

今日は町の空き家のリノベーションです。 あるものは綺麗にして利用しないとね。 p …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。