僕は岩手県岩手郡雫石町に移住して生きてる。

田舎の暮らし方をブログで発信!

*

第13話 レモンバーム+ビールは既にイギリスで飲まれてた組み合わせだった!

      2015/09/29

LINEで送る
Pocket

IMG_4345

先日作った、レモンバームシロップ。
第12話 ハーブがシロップに!? レモンバームシロップを作った!

これを、ビールに入れたらおいしいんじゃないかな?
と思い入れて飲んでみました。

口当たりがほんのり甘くて、なかなかいい。

クリスマス デスクトップ

イギリスに伝わる、レモンバームの話をひとつします。

ある旅人の話。
あるクリスマスの夜。
荒野を旅してた彼は激しく喉が乾いていた。
カラカラの喉、カラカラの体。
雪は降っても体は乾く。
吹雪の中、ふと目にとまったのは一軒の農家だった。

彼は立ち寄り、「どうかビールを恵んでください」と頼んだ。
主人は快くビールを飲ませた。
彼は元気を取り戻した。

「ありがとう」と彼は主人に言う。
顔をあげたとき、彼は主人の青白い顔、酷くやせ細った体に気づいた。
「ご主人、失礼ですが、どこかお体の調子がよくないのでは?」
「はい、私にはもう時間がありません。もはや見込みがないんです。肺を病んでしまいました。じきに私も死にます。」
彼は言った。

「ご主人、私の言うとおりに。いいですか。朝起きたら、ビールの壷にレモンバームの葉を3枚入れて毎日飲んでください。
そして4日ごとに新鮮な葉を壷に加えること。そうすれば、12日後には元気になります。気を確かに。」
主人は言った。
「ありがとうございます。」

病気の主人は、彼にもっと食事をしていくようにすすめたが急ぎ足で立ち去った。
なぜなら彼にはわかっていた。
自分がここにいれば、主人が自身よりも彼を気にやむのをわかっていたから。
主人の家は、貧しい農家だった。
それでも、レモンバームだけはたくさん生えていた。
彼のいうとおりにして飲むと12日目には健康が戻ってきていることが、主人にはわかった。

旅人は知恵は人を救うことを、主人は優しさが人を助けることを知ってたんだな

クリスマスの夜に起きた奇跡。
彼も主人も、気持ちをプレゼントしたんだ。
それが、お互いの命を救った。

ビールを飲みながら、少しジーンときたよ。

  関連記事

第15話 雫石で迎えるお盆、迎え灯篭、迎え火、白せんべい。

先日作った、迎え灯篭 第14話 迎え灯篭を作った。祖母の魂が迷わないように遠くか …

第54話 不老長寿のコカ(さるなし)酒を飲んでみた!!うおぉぉぉ、あっま~い!!

不老長寿のコカ(サルナシ)酒を飲んでみた!!うおぉぉぉ、あっま~い!! どうも、 …

第8話 休日の夕暮れ、燻製とキンキンに冷やした冷酒で一杯!

あ~、燻製で一杯やりたい!! 日曜の夕方になって、少し時間が空いたので、久しぶり …

田舎の『何もない』は『何もないが在る』という話①

ブログを始めて1年が経ちました!! どうも、ヒラサワです。 いつも見て頂きまして …

第9話 雫石駅前に立ち飲みも出来るバルが堂々開店!その名は「big bang」

寺の下 big bang 雫石駅前にバルが出来ました。 バルとは 食堂とバーが一 …

第49話 どっせ~~~い!! 今年もワラビは大量だぜ!!

今年も絶好調な山菜!! 山菜といえばやっぱワラビでしょ!! どっせ〜い️ 今年の …

第22話 bigbangが秋冬仕様になってた。秋の夜長は、アツアツ餃子が美味しい!!

最近花粉症が酷かったんだですけど、それでもちょっとだけ飲みたい時ってありますよね …

2年連続『子孫繁栄』持たせて頂きました! 第40回 雫石町 裸参り IN 2019

どうもヒラサワです。 岩手県は雫石町、裸参りは今年で40回目。 今年も裸参りをレ …

雫石で迎える2度目の冬。まとまりのない所感を書いていこう思う③。

そして押し付け的な、『田舎はいいぞ!!』っていうのは、田舎に住んでる僕でさえ、ち …

田舎の『何もない』は『何もないが在る』という話②

田舎の何もないについては、『人工物の多さ』で語ってる人が多いってことに気づいたん …